看護師も結構大変なんです。


by pnuyybrneg

<新高齢者医療>厚労省試算 被用者保険続行で税負担削減(毎日新聞)

 厚生労働省は14日、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度に代わる新たな高齢者医療制度案の財政試算を公表した。同省が先月示した、65歳以上は全員原則として市町村の国民健康保険(国保)に加入する案について、65歳になっても働き続ける高齢者には企業の健康保険組合などに引き続き加入する例外を認めた場合、国保の保険料負担は6000億円増える一方、税負担は今より9000億円削減できるとした。新制度はこの案が最有力となっている。同省の有識者会議「高齢者医療制度改革会議」は8月末までに制度の骨格をまとめる方針だ。

 同省は、75歳以上を別制度に切り離し批判を浴びた現行制度への反省を踏まえ、65歳以上の人は現役世代と同じ国保に加入する案を導入する意向だ。しかし、65歳以上で勤め人として働き、健保組合など「被用者保険」に加入している本人と妻ら扶養家族をどうするかは詰めていない。

 今回厚労省は、65歳以上について(1)全員国保加入(2)被用者保険の人は被用者保険に継続加入(3)被用者保険加入者本人は継続加入し、扶養家族は国保に移行−−の3ケースで試算した。現行制度と同様、75歳以上の医療給付費の5割に税を投入する場合、いずれも税負担は9000億円減るという。

 一方、働く65歳以上の本人、扶養家族とも被用者保険に継続加入する場合、大企業を中心とする健康保険組合や公務員の共済組合の保険料は増えないものの、中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は3000億円、国保は6000億円の負担増になるという。しかし、厚労省は税削減分の9000億円を使って国保や協会けんぽを財政支援し、負担増を回避する意向だ。

【鈴木直】

【関連ニュース】
高齢者医療:65歳以上は国保加入 財政別建て 厚労省案
1月号
選択の手引:’09衆院選 マニフェスト最終点検/中 老後の安心
くらしと政治:’09衆院選/2 医療
岐路の夏:09衆院選 茨城 自民大量離党、民主支持に 医師の乱、王国揺れる

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)
<舛添氏>次の一手は? 新党構想、援軍なく(毎日新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
[PR]
by pnuyybrneg | 2010-04-21 13:08